リハビリテーションにはどんな種類がある?

健康な生活をしていればリハビリテーションのことについて考える機会は少ないですが、リハビリテーションは、ふとした拍子に必要になるものです。運悪く事故に遭ってしまったというケースもありますし、自分ではなくとも家族がリハビリテーションを行う必要が出てくることもあります。高齢社会に突入し、リハビリを受けている高齢者も増えてきていることでしょう。さて、それではリハビリテーションとはそもそもどのような意味なのでしょうか。

リハビリテーションとは、何らかの理由によって損なわれた機能を回復するように働きかけることです。語源であるラテン語では、「再び、適する」といった意味があり、このことからもリハビリテーションがケガの後や病気の回復後に受けるものという意味だけではないことが分かります。より広義では病気やケガなどの理由によって失われた機能を回復させる以外にも、社会復帰のような意味も込められており、病院やクリニックなどで行われるリハビリテーションは、退院後の日常生活へと戻してあげるために必要なサポートを行うことであるといえます。

そんな医療現場で行われるリハビリは、大きく分けて3種類に分類することが可能です。理学療法と作業療法、そして言語聴覚療法の3種です。それでは、これらのリハビリテーションとはどのようなものなのでしょうか。当サイトでは医療現場で行われている3種の療法の意味や、それにまつわる仕事、資格などについて紹介いたします。